陰部のむだ毛処理は注意が必要

陰部のムダ毛を自己処理すると、埋没毛になるだけでなく、肌の炎症を起こす可能性が高いってご存知でしたか?

まず陰部の毛は比較的しっかりとした剛毛ですよね。
それに対して陰部の皮膚は、比較的柔らかくデリケートな肌質です。

それを毛抜きで引っ張ると、毛穴が盛り上がってしまいます。
太い毛が抜けたことで毛穴には雑菌が入りやすくなります。
陰部は湿度が高い場所なので、炎症を起こしやすいのです。
これが毛嚢炎という外科の治療を必要とする深刻な状態です。

またカミソリを使うのも場所が場所だけに危険です。
濃い毛に対して薄い皮膚ということで肌はもちろん傷つきますし、ヒリヒリ感や赤みも出てきます。
肌が傷つけばかさぶた状になり、外に出るはずの毛が出られなくなって埋没毛になってしまいます。
無理に引き出そうと針でつついたりすれば、更に炎症して悪化してしまいます。

ただ衛生上で考えるなら陰部を脱毛することは間違ってはいませんが、脱毛の方法を間違えてはいけないのです。
陰部などの脱毛は、元々は美容目的というより衛生面で行われた脱毛でした。
女性は生理があるので、脱毛をすればその時期も快適に過ごせます。

おすすめは脱毛エステによる光脱毛です。
医療レーザーという方法もありますが、光脱毛の方が痛みを感じないので、陰部に限ってはこちらの方がストレスがないと思います。
それに肌が弱くて敏感肌の方にもこちらの方がおすすめです。

また料金的にも脱毛エステの光脱毛の方が安上がりです。
VIOをまとめてできるコースもたくさんあるし、最近はどこの脱毛サロンでもお得なキャンペーンがあるので、自分に合ったサロンを検討してみるといいでしょう。

陰部を自己処理する機会というのは水着を着るときがほとんどだと思いますが、せっかく水着を着てもVラインがボツボツしたり肌に黒ずみができてしまっては台無しですよね。
それなら脱毛エステでしっかりと脱毛をすれば、肌トラブルはもちろんないし、きれいに脱毛することができるのでおすすめです。

脱毛効果が高いミュゼプラチナムはこちら