埋没毛は皮膚の内部で毛が伸びた状態

埋没毛(まいぼつもう)でお悩みの方は多いのではないでしょうか?

埋没毛は脱毛や剃毛、除毛といったムダ毛の処理を行った後になんらかの原因によって皮膚の内部で毛が発毛して伸びてしまった状態の毛を指します。
本来毛は毛穴から外に向けて発育していくものですが、
埋没毛の場合はその毛が皮膚下で発育してしまうためしてしまうため、
抜きたくても抜けないうえに
黒いボツボツのような状態になってしまうため非常にやっかいです。

また、放っておくと埋没した毛が皮膚の内部で炎症を起こしてしまい、

赤く腫れ上がってしまうことすらあります。
そうなると痛みも伴うためますます嫌な気分になってしまいます。
この埋没毛を防ぐには前述したようにムダ毛処理をきちんと行うことが非常に大事です、自分でムダ毛処理をすると、あまりうまくできない場合が多く、深剃りしたり逆剃り、毛抜きといった処理方法で毛が皮膚の内部に残ってしまうことでおきますので、確実な脱毛処理が予防の第一歩です。

とはいっても埋没毛になってしまうことはあるでしょう、そんな時はベビーオイルなどを塗布することで内部の毛が浮き上がってくることがあるようです、埋没毛には保湿が大事です、肌が乾燥した状態だとますます状態が悪化します、肌に優しいベビーオイルやローションなどをたっぷり使ってできるだけ保湿してあげましょう、埋没毛になってしまった方でも埋没毛予防にも保湿は重要です。

素人の自己処理によってできてしまうわけですから、埋没毛やムダ毛に悩まされない状態にすることもいいでしょう、そんな時におすすめなのがやはり脱毛専門機関での永久脱毛です、医療レーザー脱毛であれば施術後ほとんどムダ毛は再生しませんので、自己処理も不要ですし当然埋没毛の心配など皆無です。

どうしても自分で処理したいという方であれば除毛クリームがいいでしょう、剃ったり抜いたりするよりは肌へのダメージも少なく、ムダ毛が皮膚内部に残ってしまう可能性も低いからです。

勧誘なし人気脱毛エステ「ミュゼ」を予約する!