ムダ毛を家庭で自己処理する時の一番簡単な方法は、カミソリや毛抜きを使う方法です。
確かにコストもかからず、いつでも暇があればできる方法なので、多くの方は何度か繰り返していたことと思います。
けれど簡単な分だけリスクはつきもので、一番厄介なのが埋没毛です。

埋没毛とはムダ毛が皮膚から出られなくなって皮膚の中で成長するしかなくなった毛のことを言います。
なぜ出口がなくなってしまったのかといえば、ムダ毛処理の際に皮膚が傷ついたことが原因です。

通常皮膚に傷ができると修復のためにかさぶたができます。
そのかさぶたが毛穴を塞ぐことで、皮膚の外に出るべき毛が出口を失い、皮膚の中でしか伸びることができなくなってしまった状態を埋没毛と言います。

見た目にもきれいなものではありません。
皮膚表面は黒くボツボツしてゴマのようになり、ムダ毛以上に気になります。

それをなんとかしようと針やピンセットを使って無理に押し出すと、その毛穴から雑菌が入り、さらにお肌は傷つき、色素沈着を起こすなどの深刻な肌トラブルになります。
色素沈着を起こすと、恥ずかしくて素足を出せないという事態にもなります。
素足を出したくてムダ毛処理をしたにも関わらず、なんとも皮肉ですよね。

そんなわけで、埋没毛対策で一番やってはいけないこと、それが無理に押し出すことです。
それに一時的な自己処理は、根本的なムダ毛の解決ではないのです。
カミソリで剃っても数日すればすぐに伸びてきてチクチクしますし、毛抜きを使ってもカミソリよりは数日持つかもしれませんが、いずれまた毛が伸びてくることに変わりはないのです。
しかも自己処理するたびに肌が傷つき、角質化して肌はどんどん分厚くなり、それまで以上に埋没毛が出来やすくなって、結果、きれいな肌とは縁遠くなってしまいます。

埋没毛は皮膚の中で育ってしまうため、自己処理では対処できません。
では埋没毛対策としてどんな方法が一番効果的かといえば、医療レーザーや脱毛エステでの脱毛しかありません。
特殊な光が皮膚の中の毛に反応するので、肌を傷つけずに埋没毛もきれいに処理できます。
しっかり脱毛しておけば、その後はムダ毛の心配もなくなり快適に過ごせるようになります。

デリケートゾーン脱毛もできる人気エステ「ミュゼ」を予約する!