大学生の時に、小さな家族経営の企業でバイトをしていた時の話です。職場に大きなこたつがあったのですが(笑)、冬場の手作業などはすべてそこで行われ、パートさんや他の女子大生バイトなどとおしゃべりに花が咲くこともよくありました。時給はかなり低いものの、こんな風にのんびりした良いバイトだったのです。

乾燥が激しくなってくると、たいてい誰かが買い出しと称してドラッグストアに出かけ、経費でハンドクリームを買ってきます。新発売のものなどを数個買って、みんなで品評をしながら塗りまくる、といういわば冬の楽しみの一つでした。

そんなある時、ニベアの青缶を回そうとした私の手を、がしっとつかんだおばさんがいました。「あんたの手…」私「荒れてますよねえ」おばさん「いや。毛が生えちょる…」

ぶっ、とその場にいた全員が噴き出しました。ですが笑いがおさまって私の手を覗き込んだ皆に、「あれっ、本当だ!指に毛があるよ!」と言われたのです。指の関節の間にぽやぽやっとした産毛があり、その毛穴が目立っていたのです。

足も見せてみ、と言われて素直に靴下を脱ぐと、「うーん…ここにもまた…。」と言われてしまいました。おばさんたちに「別に気にしないで貫いてもいいんだけど、アンタは肌が白くてきれいな分、このムダな指毛は惜しい…」と残念がられました。

他のおばさんパートが「試しに抜いてみたら」と毛抜きを差し出したのですが、こんなに細い毛なのに引っ張って抜こうとすると激痛が走ります。カミソリで剃ったらさらに目立つようになるからいかん、と言われどうしようかと途方に暮れてしまったのです。

そのバイトからの帰り道、電車の中でミュゼプラチナムの広告を見、「これだっ!」とサロン脱毛を決意しました。

ミュゼの公式サイトから光の森ゆめタウン店(熊本県菊池郡菊陽町光の森7丁目33-1 ゆめタウン光の森 南館1F)に予約をとり、行ってみました。ジェルをぬって、特別な光をあてる作業なのですが、あの毛抜きの痛みとは段違いにほとんど何も感じません。

さらっと指脱毛が終わってから数週間後、手足の指の毛が全く目立たない、しかも毛穴レス!という状態になりました。職場のおばさんたちはたいそう喜び、「素晴らしいな」「いやー〇ちゃんこんなに綺麗になって。あたしも行ってこようか」と大フィーバー。脱毛ならミュゼが断然おすすめです。

ミュゼ公式サイト(予約・お申し込み)はこちら
ミュゼ