大学生の時の体験談です。友人が所属する茶道部が大掛かりなイベントを催すことになったものの、人手が部員だけではまかないきれず、泣き落されてヘルプに入ることになりました。

ただのお茶くみ裏方かと思いきや、和装に袴姿で接客をして欲しいというのです。着物の用意や着付けなどは全部友人がそろえ、私は言われるがままに動いただけです。ただ、慣れない華やかな格好に見とれていた際に、友人が言いました。「髪は…このままおろしておいたほうがいいね。」

周囲の茶道部員、また私同様にヘルプに入った女子は、皆あでやかなアップスタイルにしています。簡単にでいいから、あんな風に髪を上げてもいいんじゃ?と友人に頼みましたが、「いやいや、あんたはおろしたほうがいいから。」の一点張りです。

何だか変だな、と思いつつ手伝いに明け暮れ、ようやく解放されて帰宅しました。この出来事のあと、どうしてあんな風に友人がアップを拒んだのかが不思議だったのですが、洗面所でアップをした後姿を合わせ鏡で見ると、ようやく納得がいきました。

うなじから襟足にかけてのうぶ毛が無造作に生えていて、かなり見苦しかったのです。普段、髪をおろしてばかりの私には気が付けなかったのですが、髪の生え際の体毛がかなり濃く、和装をしてアップにしたらかなり汚い印象になるくらいのすさまじさでした。

がっかりしていたのですが、その数日後に友人と腹を割って話したところ「実は私も、以前は襟足が気になって仕方がなかった。今ではミュゼで脱毛しているから大丈夫なんだけど…」とサロン脱毛をおすすめしてくれたのです。

私も早速、ミュゼプラチナムのグラン天神プライム店(福岡県福岡市中央区天神2丁目7-21 TenjinPrime9F)にカウンセリング予約を取り、気になる襟足・うなじの脱毛をしてもらいました。

髪の毛との境があるので難しい所なのですが、ミュゼのエステティシャンの確かな腕前で、しばらくすると体毛だけが目立たない、すっきりときれいな首筋になりました。成人式で振袖を着る機会を数か月後に控えてもいたので、丁度よかったとも思います。

ミュゼ公式サイト(予約・お申し込み)はこちら
ミュゼ