もと・毛深かった女子大学生です。私は都心の大学に通っているのですが、遠方の実家からの通学に長く時間をとられるため、サークルに入ったり遅くまでのコンパ・飲み会に出席することが難しく、なかなか友人ができませんでした。

むしろ週末にしている、地元のバイト先での交流の方が多いのですが、そこでの女子グループである時、湘南の海に遊びに行こうということになりました。その誘いを受けた際に、私は即答することができませんでした。

課題が多くて忙しいから、小論を提出しなきゃいけないから、と色々表面上の理由を取り繕いましたが、本音は「毛深い体を露出したくない、他の可愛い女の子たちと比べられたくない」ということでした。

のらくらと即答を避ける私に業を煮やしたある先輩に問い詰められ、ついにそのことを白状しました。すると「何言ってるの。みんなそれなりに、苦労して脱毛とかしているんだよ」と言われたのです。

全身ピカピカで綺麗な彼女も、水面下の努力をしているのだとわかってほっとした一面、どうやったらそこまでにたどり着けるかわかりませんでした。

そこも指導を乞うと、彼女はミュゼプラチナムの小田原EPO店に通って全身脱毛をしているのだそうです。私はその後自分でミュゼの情報を調べ、自分のバイト代でも何とかカバーできそうだと思い、カウンセリングの予約を入れました。

私は大学への通学上、便利な新宿東口店(東京都新宿区新宿3丁目25-10 當山ビル3F)にしました。これも姑息と思われそうですが、地元だとたまたま行き会った知人に知られてしまうかもしれない、という不安があったのです。

実際のミュゼでの施術は痛くも辛くもなく、あっと言う間に照射が終了、という感覚でした。しばらくすると産毛もムダ毛も、体毛がすべて目立たなくなっていき、つるっとしたモデルのような肌になっていったのです。

お金を出した分ここまでキレイになれるんだ、と私は美容脱毛の底力を実感しました。ミュゼは他のサロンと比べても値段が安いので、学生さんにもおすすめです。私はこれを機に、他の部位も少しずつ脱毛していって、もっと自分に自信が持てるようになりたいと思っています。

ミュゼ公式サイト(予約・お申し込み)はこちら
ミュゼ